女性たち

消し込み作業は明確化が重要|システム導入で効率よく消し込み作業

このエントリーをはてなブックマークに追加

可視化と精度

PCを操作するレディ

企業において成功するプロジェクトを実施するためには成果をオープンな環境で誰でも見えるようにしなければならない場合があります。例えば営業に関しても目標に対してどれだけの進捗があるのかオープンであれば、どれだけの努力が必要なのかという対策を立てやすくなります。成果や状況の可視化という動きは近年になって当たり前になりつつ有り、可視化出来ていないと問題があるという見方さえ有ります。しっかりと可視化出来る事が大切ですが、実際可視化するとなるとシステムや制度的な制約があることに気づくでしょう。例えば営業日報を公開出来る環境を作って、各個人の成績を把握でき、また分析できる状態にしたいという場合、これまでの紙ベースで公表すると精度が落ちデジタル的な分析がし難くなります。デジタルチックなシステムで構築することはもはや必須で、こういった分析を可能にするプロジェクト管理ソフトはいくつも登場しています。
PDCAサイクルを回すためには前述した成果の可視化が必要不可欠ですが、PDCA対策を行なうためにはまずプランを立て、実行し、チェックし、フィードバックを行なう作業が必要になります。これら作業は実際に仕事をしていると疎かになりつつ有り、またヒューマンエラーでマクロな変化に気づきにくいという場合があります。PDCAサイクルのモニタリングと営業日報などの管理が出来るソフトを用いるとマクロな変化をデータとしてチェックすることができ、変化を見逃さない活動を行うことが可能になります。こういった管理活動は非常に大切で、管理の効率化とPDCAサイクルの自動化というのも重要になってきます。こういった管理ソフトは各メーカーから販売されていて、種類によって価格が大きく変わります。しかし、利用することで業務改善を行なうことができたと回答する企業は多く、上手く利用することが大切になります。直ぐに購入せずとも無料トライアルが出来る事が多いため、気になる管理ソフトがあればトライアルを行なってみると良いでしょう。